////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//  << j311.java >>
//
//  アプレット(1):グラフィックス(文字列)
//
//  paintメソッドの引数(Graphicsクラスのオブジェクトg)を介して、
//  色やフォントの設定、描画、塗込み等を行う。
//  このオブジェクトgをグラフィックスコンテキストと呼び、仮想的な出力先と
//  考えることができる。
//
//  ●java.awt.Componentクラス
//    Componentクラスは、Appletクラスの親クラスである。継承の機能により、
//    Componentクラスで定義されているpaintメソッドが使える。
//
//  ○Componentクラスのメソッド
//    public void paint(Graphics g)
//      機能:デフォルトで何もしない。描画処理をオーバーライドする。
//            アプレットが起動されると、自動的にGraphicsクラスの
//      オブジェクト(g)が作成されpaint()メソッドに渡される。
//      このオブジェクトに描画を行う。
//
// ●java.awt.Graphicsクラス
//  グラフィックス画面への操作(テキストや線の描画、画像の表示、コピーなど)を
//  行うためのクラスである。それぞれの操作に対応するのメソッドが定義されている。
//
// ○Graphicsクラスのメソッド
//   public abstract void drawString(String s, int x, int y)
//     機能:文字列sを描く。
//         x:x座標(画面左上隅から右方向が正)。
//         y:y座標(画面左上隅から下方向が正)。
//  
//  ●java.awtパッケージ
//    このパッケージには、ボタンやメニューを作成するクラス(Button,MenuBar)、
//  これらの配置を決めるクラス(FlowLayout,BorderLayout)、色やフォントの
//  クラス(Color,Font,Graphics)などが含まれる。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.applet.Applet; 
import java.awt.Graphics; 
import java.awt.Color; 

public class j311 extends Applet {

  public void init() {

    // アプレットの背景色を灰色に設定。
    this.setBackground(Color.lightGray);

  }

  public void paint(Graphics g) { 

    // 文字列を描く。
    g.drawString("(30,60)",30,60);
    g.drawString("(200,100)",200,100);
    g.drawString("(100,150)",100,150);

  } 

}
HTMLファイル
<html>
<head>
  <title>アプレット</title>
</head>
<body bgcolor=white text=black>
<applet code="j311.class" width="300" height="200">
</applet>
</body>
</html>
実行結果