////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//  << j315.java >>
//
//  アプレット(1):グラフィックス(基本図形)
//  
// ●Graphicsクラスのメソッド
//   public abstract void drawOval(int x, int y, int width, int height)
//     機能:楕円を描く。
//         x   :楕円がぴったり収まる四角形の左上隅を指定するx座標。
//         y   :楕円がぴったり収まる四角形の左上隅を指定するy座標。
//         width :楕円の幅。
//         height:楕円の高さ
//
//   public abstract void fillOval(int x, int y, int width, int height)
//     機能:塗りつぶされた楕円を描く。
//           x   :楕円がぴったり収まる四角形の左上隅を指定するx座標。
//         y   :楕円がぴったり収まる四角形の左上隅を指定するy座標。
//         width :楕円の幅。
//         height:楕円の高さ
//
//  public abstract void drawRect(int x, int y, int width, int height)
//     機能:四角形を描く。
//         x    :四角形の左上隅のx座標
//         y    :四角形の左上隅のy座標
//         width :四角形の幅。
//         height:四角形の高さ。
//
//  public abstract void fillRect(int x, int y, int width, int height)
//     機能:塗りつぶされた四角形を描く。
//         x    :四角形の左上隅のx座標
//         y    :四角形の左上隅のy座標
//         width :四角形の幅。
//         height:四角形の高さ。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.applet.Applet; 
import java.awt.Graphics; 
import java.awt.Color; 

public class j315 extends Applet {

  public void init() {

    // アプレットの背景色を灰色に設定。
    this.setBackground(Color.lightGray); 

  }

  public void paint(Graphics g) {

    // 円の描画。
    g.setColor(Color.red);
    g.drawOval(30,30,60,60);
    g.fillOval(130,30,60,60);

    // 四角形の描画。
    g.setColor(Color.green);
    g.drawRect(30,100,60,60);
    g.fillRect(130,100,60,60);

  }

}
HTMLファイル
<html>
<head>
  <title>アプレット</title>
</head>
<body bgcolor=white text=black>
<applet code="j315.class" width="300" height="200">
</applet>
</body>
</html>
実行結果