////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << j327a.java >>
//
// アプレット(2):レイアウトマネージャー(BorderLayout)
//
//  BorderLayoutを使うと、部品を東西南北・中央の位置に配置できる。
//
//    North(ウインドウの上部を意味する)
//    South(ウインドウの下部を意味する)
//    West(ウインドウの左部を意味する)
//    East(ウインドウの右部を意味する)
//    Center(ウインドウの中央部を意味する)
//
//  アプレットの大きさに応じて、アプレットに格納された部品の大きさも変わる。
//
// ●BorderLayoutクラス
//    java.awt.BorderLayout
//
// ○BorderLayoutクラスのコンストラクタ
//  public BorderLayout()
//   機能:部品間に間隔を設けず、上、下、左、右、中央に配置する。
//
// ●Containerクラス
//    java.awt.Container
//
// ○Containerクラスのメソッド      
//    public Component add(Component comp, int index)
//      機能:部品compをこのコンテナの指定された位置に追加する。
//            位置 NORTH,SOUTH,WEST,EAST,CENTER
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.applet.Applet;
import java.awt.*; 

public class j327a extends Applet {

  public void init() {

    // アプレットの背景色を灰色に設定。
    this.setBackground(Color.lightGray);

    // アプレットのレイアウトマネージャをBorderLayoutに設定。
    this.setLayout(new BorderLayout());

    // ボタンの作成。
    Button b1 = new Button("ボタン1");
    Button b2 = new Button("ボタン2");
    Button b3 = new Button("ボタン3");
    Button b4 = new Button("ボタン4");
    Button b5 = new Button("ボタン5");

    // 部品をアプレット内に追加。
    this.add(b1,BorderLayout.NORTH);  // 上に配置。
    this.add(b2,BorderLayout.SOUTH);  // 下に配置。
    this.add(b3,BorderLayout.WEST);   // 左に配置。
    this.add(b4,BorderLayout.EAST);   // 右に配置。
    this.add(b5,BorderLayout.CENTER); // 中央に配置。

  }

}
HTMLファイル
<html>
<head>
  <title>アプレット</title>
</head>
<body bgcolor=white text=black>
<applet code="j327a.class" width="200" height="200">
</applet>
</body>
</html>
実行結果


HTMLファイル
<html>
<head>
  <title>アプレット</title>
</head>
<body bgcolor=white text=black>
<applet code="j327a.class" width="300" height="100">
</applet>
</body>
</html>
実行結果