////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << j370a.java >>
//
//  Applet(6):部品(キャンバス、配置)
//
//  キャンバスを作成し表示する。
//    キャンバスはCanvasクラスを継承して定義する。
//
// ●java.awt.Canvasクラス
//    矩形の描画領域を提供する。
//  ・Canvasクラスのクラス階層
//   java.lang.Object --> java.awt.Component --> java.awt.Canvas
//
// ○Canvasクラスのメソッド
//    public void paint(Graphics g)
//      機能:キャンバスに描画する。
//
// ●java.awt.Componentクラスのメソッド
//  public void setSize(int width, int height)
//   機能:サイズを、幅width、高さheight に設定する。
//  public void setLocation(int x, int y)
//   機能:部品の左上隅は、(x,y)に指定する。単位はピクセル。 
// 
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.applet.Applet;
import java.awt.*;

class Canvasj370a extends Canvas {

  // キャンバスへの描画。
  public void paint(Graphics g) {
    g.drawString("キャンバス",20,40);
 }

}
  
public class j370a extends Applet {

  public void init() {

    // アプレットの背景色を灰色に設定。
    this.setBackground(Color.lightGray);

    // アプレットにレイアウトマネージャ(FlowLayout)を設定。
    this.setLayout(new FlowLayout(FlowLayout.LEFT,20,20));

    // キャンバスの作成。
    Canvasj370a c = new Canvasj370a();

    // キャンバスの大きさを設定。
    c.setSize(100,80);

    // キャンバスの位置を設定。
    c.setLocation(10,10);

    // キャンバスの背景色を黄色に設定。
    c.setBackground(Color.yellow);

    // キャンバスをアプレット内に追加。
    this.add(c);

  }

}
HTMLファイル
<html>
<head>
  <title>アプレット</title>
</head>
<body bgcolor=white text=black>
<applet code="j370a.class" width="300" height="160">
</applet>
</body>
</html>
実行結果