////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << j373e.java >>
//
//  Applet(6):部品(フレーム、応用)
//
//  フレームと呼ばれるウィンドウ(タイトル:「フレーム」)を表示する。
//  閉じるボタンをクリックすると終了する。
//    フレーム内に部品(ラベル)を追加する。
//    フレームのデフォルトレイアウトマネージャ−は、BorderLayoutである。
//
//  WindowAdapterクラスを内部クラスとして使う。
//
// ●java.awt.Componentクラスのメソッド
//    public void setLocation(int x, int y)
//   機能:部品の左上隅が親部品のx座標、y座標に位置するように設定する。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.applet.Applet; 
import java.awt.*; 
import java.awt.event.*;

public class j373e extends Applet {

  Frame f;
  Label lab1,lab2,lab3;

  public void init() {

    // アプレットの背景色を灰色に設定。
    this.setBackground(Color.lightGray);

    // フレームの作成。
    f = new Frame("フレーム");

    // フレームの大きさを設定。
    f.setSize(300,200);

    // ラベルの作成。
    lab1 = new Label("ラベル1"); lab1.setBackground(Color.red);
    lab2 = new Label("ラベル2"); lab2.setBackground(Color.green);
    lab3 = new Label("ラベル3"); lab3.setBackground(Color.yellow);

    // ラベルをフレーム内に追加。
    f.add(lab1,BorderLayout.NORTH);
    f.add(lab2,BorderLayout.WEST);
    f.add(lab3,BorderLayout.EAST);

    // フレームの表示位置を設定。
    f.setLocation(300,300);

    // フレームの表示。
    f.setVisible(true);

    // イベントリスナーの作成。
    EventListener el = new EventListener();

    // イベントリスナの登録。
    f.addWindowListener(el);

  }

  // windowClosingメソッドを定義する。
  class EventListener extends WindowAdapter {
    public void windowClosing(WindowEvent we) {
      f.dispose();
      System.exit(0); // プログラムを終了させるメソッド。
    }
  }

}
HTMLファイル
<html>
<head>
  <title>アプレット</title>
</head>
<body bgcolor=white text=black>
<applet code="j373e.class" width="300" height="100">
</applet>
</body>
</html>
実行結果