////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << j376a.java >>
//
// Applet(6):部品(ファイルダイアログ、配置)
//
//  ファイルダイアログを表示する。このダイアログはモーダルである。
//
// ●java.awt.FileDialogクラス
//  ディレクトリ内のファイル一覧を表示したり、ファイルを選択するのに、
//  FileDialogクラスを使う。
//
// ○FileDialogクラスのコンストラクタ
//    FileDialog(Frame f, String s)
//      機能:ファイルをロードするためのファイルダイアログをタイトルs付きで作成する。
//      現在のディレクトリのファイルが表示される。
//    FileDialog(Frame f, String s, int m)
//      機能:ファイルをロードまたは保存するためのファイルダイアログをタイトルs付きで
//      作成する。現在のディレクトリのファイルが表示される。
//       mの値がLOADの場合、読み込み用となり、mの値がSAVEの場合、書き込み用となる。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.applet.Applet;
import java.awt.*;
  
public class j376a extends Applet {

  public void init() {

    // アプレットの背景色を灰色に設定。
    this.setBackground(Color.lightGray);

    // ファイルダイアログの作成。
    FileDialog fd = new FileDialog(new Frame(),"ファイルダイアログ"); 

    // ファイルダイアログの大きさを設定。
    fd.setSize(300,200);

    // ダイアログの表示位置を設定。
    fd.setLocation(0,0);

    // ファイルダイアログを可視状態に設定。
    fd.setVisible(true);

  }

}
HTMLファイル
<html>
<head>
  <title>アプレット</title>
</head>
<body bgcolor=white text=black>
<applet code="j376a.class" width="300" height="100">
</applet>
</body>
</html>
実行結果