////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << j376b.java >>
//
// Applet(6):部品(ファイルダイアログ、イベント処理)
//
//  フレーム内の「ファイルダイアログ表示」ボタンをクリックすると、
//  ファイルダイアログが表示される。
//  ファイルダイアログ内のファイルを選択し、「開く」ボタンをクリックすると、
//  選択されたファイル名がフレーム内のラベルに表示される。
//
// ●イベント処理
//  イベントソース:Buttonクラス
//  イベントクラス:ActionEventクラス
//  イベントリスナ:ActionListenerインターフェース
//          actionPerformedメソッド
//
// ●FileDialogクラスのメソッド
//    String getFile()
//      機能:ファイルダイアログ内で選択されたファイル名を取得する。
//    String getDirectory()
//      機能:ファイルダイアログ内で選択されたディレクトリ名を取得する。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.applet.Applet;
import java.awt.*;
import java.awt.event.*;
  
public class j376b extends Applet implements ActionListener {

  Button b;
  Label lab1,lab2;
  FileDialog fd;

  public void init() {

    // アプレットの背景色を灰色に設定。
    this.setBackground(Color.lightGray);

    // ボタンの作成とアプレット内に追加。
    b = new Button("ファイルダイアログ表示");
    this.add(b);

    // ラベルの作成とアプレット内に追加。
    lab1 = new Label("ここにディレクトリ名が表示される");
    lab2 = new Label("ここにファイル名が表示される");
    this.add(lab1);
    this.add(lab2);

    // イベントリスナの登録。
    b.addActionListener(this);

  }

  // ActionListenerインターフェースのメソッド。
  public void actionPerformed(ActionEvent ae) {
    // ボタンがクリックされたときの処理(ファイルダイアログの表示)。
    if( ae.getSource() == b ) {
      fd = new FileDialog(new Frame(),"ファイルダイアログ"); 
      fd.setSize(300,200); // ファイルダイアログの大きさを設定。
      fd.setLocation(0,0); // ダイアログの表示位置を設定。
      fd.setVisible(true); // ファイルダイアログを可視状態に設定。
      // ファイルダイアログで選択した、ディレクトリとファイルを
      // 呼び出し側ウィンドウのラベルに設定。
      lab1.setText("ディレクトリ:" + fd.getDirectory());
      lab2.setText("ファイル  :" + fd.getFile());
    }
  }

}
HTMLファイル
<html>
<head>
  <title>アプレット</title>
</head>
<body bgcolor=white text=black>
<applet code="j376b.class" width="300" height="100">
</applet>
</body>
</html>
実行結果