////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//  << j201.java >>
//
//  クラス(0):クラスの定義
//
//  ●Javaプログラム
//
//  ・Javaでは、クラスを定義することによってプログラムを作成する。
//   クラスという仕組みを使うと、プログラムを効率よく作成することができる。
//  ・クラスは、フィールドとメソッドの集まりである。
//   フィールドとメソッドはクラスのメンバと呼ばれる。
//  ・フィールドは変数で表される。
//  ・メソッドは、ひとまとまりの処理を記述したものである。
//  ・フィールドとメソッドを記述し、クラスを定義することは、Javaに新しい型を
//   導入したと考えることができる。
//
//  ●クラスの定義
//
//    class クラス名 {
//       フィールドの定義
//     メソッドの定義
//     }
//
//  ・予約語classを使い、クラス宣言の始まりを示す。
//
// ●フィールドの定義
//
//    型 変数名
//
// ●メソッドの定義
//
//    メソッドの型 メソッド名(引数) {
//     メソッドの記述
//    }
//
//  ・メソッドが返す戻り値の型をメソッドの型として記述する。
//      戻り値がないとき、void型にする。
//    ・引数は、型と名前の組を必要なだけ書く。
//  ・予約語returnを使って、戻り値を指定しメソッドの実行を終了する。
//
// ●クラスの定義例
//
//      class C { // クラス名(C)
//        int s; // フィールドを変数(s)で定義。
//    
//        void sets() { // メソッド(sets)の定義。
//          s = 0; // メソッド内ではクラスで定義した変数(s)を使用できる。 
//        }
//        void add(int a) // メソッド(add)の定義。
//          s = s + a;    // 変数sに変数aを加え、結果を変数sに保存する。
//                        // 変数aはクラスCの外部から与えられる。
//        }
//        int gets() { // メソッド(gets)の定義。
//          return s; // 変数sの値を戻す。
//        }
//      }
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////