////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//  << j212.java >>
//
//  クラス(1):プログラムの書き方
//
//  同じ結果を出力する異なるプログラムの書き方を示す。
//
// ●書き方1:2つのクラスを使う。

//  ・自クラス内で他クラスのオブジェクトを作成する。
//  ・2つのクラスファイル(C.class, クラス名.class)が作成される。
//
//  //クラス(C)の定義
//  class C {
//   フィールドの定義
//   メソッドの定義
//    }
//    // クラスの定義
//    class クラス名 {
//      public static void main(String args[]) {
//        C obj = new C();
//        ・・・
//      }
//    }
//
// ●書き方2:1つのクラスのみ使う。
//
//  ・自クラス内で自クラスのオブジェクトを作成する。
//  ・1つのクラスファイル(クラス名.class)が作成される。
//
//    // クラスの定義
//    class クラス名 {
//   フィールドの定義
//   メソッドの定義
//      public static void main(String args[]) {
//        クラス名 obj = new クラス名();
//        ・・・
//      }
//    }
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////