////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//  << j261b.java >>
//
//  クラス(6):例外(基本的な例外処理)
//
//  例外に対応する例外クラスがわからない場合、Exceptionクラスで例外を
//  受け取ればよい。
//  Exceptionクラスで、回復処理を適切に行うと実行を継続できる
//  例外クラスを受け取ることができる。
//
//  基本的な例外処理を確認する。
//
//  (1)tryブロック
//    (2)例外発生
//    (3)catchブロック:Exception
//  (4)finallyブロック

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

class j261b {
  public static void main(String args[]) {

    System.out.println("プログラム開始");

    try { //(1)
      System.out.println("(1)tryブロック開始");
      int a,b;
      a = 1;
      b = 1/(a-1); //(2)
      System.out.println("(1)tryブロック終了");

    } catch ( Exception e ) { //(3)
      System.out.println("(3)catchブロック(Exception)開始");
      System.out.println(e); // エラーの詳細を表示。
      System.out.println("(3)catchブロック(Exception)終了");

    } finally { //(4)
      System.out.println("(4)finallyブロック開始");
      System.out.println("(4)finallyブロック終了");
    }

    System.out.println("プログラム開始");

  }

}
実行結果
% javac j261b.java
% java j261b
プログラム開始
(1)tryブロック開始
(3)catchブロック(Exception)開始
java.lang.ArithmeticException: / by zero
(3)catchブロック(Exception)終了
(4)finallyブロック開始
(4)finallyブロック終了
プログラム開始