////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//  << j262.java >>
//
//  クラス(6):例外(自メソッド外で例外を処理する場合)
//
//  例外の処理は、例外が送出されたメソッド内で行う方法と、他のメソッドで行う
//  方法がある。ここでは、後者を示す。
//
// ●例外処理プログラム
//
//    メソッドの定義に予約語throwsを使って、例外のクラスを指定する。
//  メソッド内で例外が発生すると、自メソッド外に指定した例外クラスの
//  オブジェクトが送られる。
// 
//      class クラス名 {
//      static void m() throws ArithmeticException {
//          [例外が発生する可能性のある処理]
//        }
//        public static void main(String args[]) {
//          try {
//            m();
//          } catch ( ArithmeticException e ) {
//            ・・・
//          }
//        }
//      } 
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////