////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//  << j282.java >>
//
//  クラス(8):パッケージ(パッケージとディレクトリ)
//
//  Javaでは、パッケージにディレクトリを対応させて処理する。
//
// ●パッケージとディレクトリ
//
//  予約語packageを使って、パッケージの宣言を行う。
//
//      package パッケージ名;
//        class クラス名 { // 他のパッケージのクラスからアクセスされる場合
//             // public指定をする。
//          ・・・
//        }
//
//  ・-dオプションを付けてコンパイルすると、
//
//       % javac -d . ソースファイル
//
//   カレントディレクトリの下にパッケージ名(pack1)のディレクトリ(pack1)が
//   作られ、その下に、クラスファイル(クラス名.class)が保存される。
//   ソースファイル(クラス名.java)は、カレントディレクトリにある。
//
//       カレントディレクトリ ----- クラス名.java
//                              |
//                               --- pack1 --- クラス名.class
//
//  ・ソースファイル中にパッケージ名が指定されていない場合、
//   無名のパッケージとして扱われ、クラスファイル(クラス名.class)は、
//      カレントディレクトリに保存される。
//
//       カレントディレクトリ ----- クラス名.java
//                              |
//                               --- クラス名.class
//
// ●アクセス制御
//
//    ・public指定のあるクラスについて
//    他パッケージにあるクラスからのアクセスを許可する。
//    public指定のメンバ  他パッケージからのアクセスを許可する。
//        指定なしのメンバ   自パッケージからのみアクセスを許可する。
//
//    ・指定のないクラスについて
//    自パッケージにあるクラスのみからのアクセスを許可する。
//    public指定のメンバ  自パッケージからのみアクセスを許可する。
//        指定なしのメンバ   自パッケージからのみアクセスを許可する。
//   
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////