////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << j821c.java >>
//
//  データ構造(2):リスト(LinkedListクラス、同期処理・失敗例)
//
//  LinkedListクラスはスレッドに対して安全でない。
//  複数のスレッドがLinkedListオブジェクトに同時にアクセスし、
//  要素の追加や削除を行なったとき、結果が保証されないことを確認する。
//
//    リストに対して1000個の要素の追加・削除をn回繰り返すスレッドm個を実行させて、
//  最後にリストが空になるかどうか調べる。
//  同期がとれていれば空リストが得られるが、失敗すれば、空でないリストが
//  得られるか、停止しなくなる。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.util.*;

// スレッド(AR)の定義。
class ARThread extends Thread {
  LinkedList a;
  int n;
  ARThread(LinkedList a, int n) { // コンストラクタ。 
    this.a = a; this.n = n;
  }
  // 処理本体。
  public void run() {
    System.out.println(Thread.currentThread().getName() + ":処理開始 " + a.size());
    try {
      for( int i=1; i<=n; i++ ) { 
        for( int j=1; j<=1000; j++ ) { a.add(new Integer(i)); }
        for( int j=1; j<=1000; j++ ) { a.remove(new Integer(i)); }
      }
    } catch( Exception e ) {
      System.out.println(e);
    }
    System.out.println(Thread.currentThread().getName() + ":処理終了 " + a.size());
  }
}

class j821c {

  public static void main(String args[]) {

   int m = Integer.parseInt(args[0]); // args[0]:スレッドの個数。
    int n = Integer.parseInt(args[1]); // args[1]:繰り返し回数。
    System.out.println("m = " + m);
    System.out.println("n = " + n);

    // スレッドに対して安全でない空のリストを作成。
    LinkedList a = new LinkedList();

    // スレッドの作成と実行。
    ARThread arth[] = new ARThread[m];
    for( int i=0; i<m; i++ ) {
      arth[i] = new ARThread(a,n); arth[i].start();
    }

    // リスト処理の確認。
    try {
      for( int i=0; i<m; i++ ) { arth[i].join(); } 
      System.out.println("リスト:" + a.size());
    } catch ( Exception e ) {
      System.out.println(e); 
    }

  }

}
実行結果
% javac j821c.java
注: j821c.java の操作は、未チェックまたは安全ではありません。
注: 詳細については、-Xlint:unchecked オプションを指定して再コンパイルしてください。

% java j821c 2 100
m = 2
n = 100
Thread-0:処理開始 0
Thread-1:処理開始 501
java.lang.NullPointerException
Thread-0:処理終了 519
Thread-1:処理終了 501
リスト:501