////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//  << db101.java >>
//
// データベース(0):概説
//
// ●データベース
//    データベースは大量のデータを効率よく管理するソフトウェアである。
//    現在、リレーショナルデータベースがよく使われている。
//
// ・リレーショナルデータベース
//  データをテーブル(表)として扱う。テーブルには、識別するため名前(テーブル
//  名)をつける。テーブルは、複数の項目のデータから構成されるレコードの集まり
//  である。各項目には、データの種類(数値、文字列など)が決められる。
//  レコードの各項目ごとの集まりを列という。列には、識別のため名前(列名)を
//  つける。列名は日本語がわかりやすい。
//
//      番号  名前  住所   
//       1      水戸太郎  茨城県水戸市   <-- レコード
//       2      日立花子    茨城県日立市
//       3      土浦三郎  茨城県土浦市
//                        ↑
//                        列
//
//   テーブル名:住所録  レコード数:3 列名:番号、名前、住所
//
// ●SQL(Structured Query Language)
//    リレーショナルデータベースは、SQL言語によって、データの操作(追加、削除
//  など)ができる。
//
//   データ追加  INSERT INTO テーブル名 VALUES(データ,データ,…,データ) 
//   データ削除    DELETE FROM テーブル名 WHERE 検索条件
//   データ更新    UPDATE テーブル名 SET 列名=データ WHERE 検索条件
//   問い合わせ  SELECT 列名 FROM テーブル名 WHERE 検索条件
//
// ●MySQL
//    MySQLは、フリーソフトのデータベースで、以降使用する。
//    他に、商用データベースとして、Oracle, SQL Serverなどが知られている。
//
// ●JDBC(Java DataBase Connectivity)
//  JDBCという仕組みを使って、Javaプログラムからデータベースを使うことができる。
//  データベースへのアクセスは、JDBC API、JDBCドライバ、JDBCドライバマネージャ
//  を使って行われる。
//
//   ・JDBC API
//   JDBC APIを使って、データベースへの操作(データ追加、データ削除等)を行う。
//   JDBC APIを使うと、データベースに依存しないJavaプログラムを書ける。
//   JDBC APIは、java.sqlパッケージに定義されている。
//  ・JDBCドライバ
//     MySQLやOracleなどのデータベースごとにドライバが用意されている。
//   ドライバは、データベースに依存する。
//   Javaからデータベースへのアクセスは、ドライバを介して行われる。
//  ・JDBCドライバマネージャ
//   JDBC APIとJDBCドライバを対応づける。
//
//  このように、JBDCを使うと、JDBCドライバマネージャを使って、データベース
//  ごとにJDBCドライバを切り替えることで、データベースに依存しない
//  Javaプログラムを書くこととができる。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////