///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//  << db102.java >>
//
// データベース(0):MySQLインストール
//
//  MySQLはリレーショナルデータベース管理システムで、フリーソフトである。
//
//  ●MySQLのダウンロード
//  (1)Webブラウザで、http://www.mysql.com/に接続する。
//        Downloads 項目のMySQL Databaseをクリックする。
// (2)http://dev.mysql.com/downloads/mysql/4.1.htmlに切り替わる。
//       Windows downloads項目から
//          ファイル(mysql-4.1.13a-win32.zip)
//        をダウンロードする。
// (3)ダウンロードが始まるので、保存先をデスクトップにする。  
//       ファイル(mysql-4.1.13a-win32.zip)がデスクトップに保存される。
//
//  ●MySQLのファイル(mysql-4.1.13a-win32.zip)が改ざんされていないことの確認。
//    MySQLダウンロードページに記載されている
//   MD5チェックサム(a2be37ddfb71123c9671e2b01d3a51f6)
//    とmd5コマンドの実行結果を比較し一致しているかどうかを確認する。
//    一致していればOK。
//    Windowsのmd5コマンドは、http://www.fourmilab.ch/md5/ から入手する。 
//  ・実行例
//      md5コマンド(md5.exe)とファイル(mysql-4.1.13a-win32.zip)をディレクトリ
//      (c:\temp)にコピーし確認する。
//
//      C:\temp>md5 mysql-4.1.13a-win32.zip
//      A2BE37DDFB71123C9671E2B01D3A51F6  mysql-4.1.13a-win32.zip
//
//  ●MySQLのインストール
// (1)ZIP形式のファイル(mysql-4.1.13a-win32.zip)を解凍する。
//        解凍先ディレクトリを(c:\temp)とする。
// (2)解凍先ディレクトリ(c:\temp)内のファイル(Setup.exe)を
//    ダブルクリックして起動する。
// (3)指示に従ってインストールする。
//       ・インストール先を
//      ディレクトリ(C:\Program Files\MySQL\MySQL Server 4.1)
//     にする。
//     システム環境変数のPATH変数に、
//      ディレクトリ(C:\Program Files\MySQL\MySQL Server 4.1\bin)
//     が自動的に追加されている。
//     このように環境変数PATHが設定されると、どのディレクトリにいても
//     コマンド名のみで実行することができる。
//      設定なしの場合 C:\Program Files\MySQL\MySQL Server 4.1\bin\>mysql
//      設定ありの場合 C:\>mysql
//        ・MySQLをWindowsサービスとしてインストールする。
//     Windowsの起動時または停止時に、MySQLサーバが自動的に起動または
//     停止される。
//     サービスとしてインストールされたサーバは、NETコマンドを使用して
//          コマンドラインから起動・停止できる。
//       起動: c:\WINDOWS\system32>net start mysql
//       停止: c:\WINDOWS\system32>net stop mysql
//        ・日本語処理ができるように設定する。
//        ・管理者(root)のパスワードを設定する。
//
// (4)再起動する。
//
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////