///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//  << db105.java >>
//
// データベース(0):JDBCドライバ
//
//  JavaのプログラムからMySQLのデータベースへ接続するにはJDBCドライバが
//  必要である。
//
//  ●JDBCドライバのダウンロード
//  (1)Webブラウザで、http://www.mysql.com/に接続する。
//        Downloads 項目のMySQL Connectorsをクリックする。
// (2)http://dev.mysql.com/downloads/connector/に切り替わる。
//       Connector/J項目から
//          ファイル(mysql-connector-java-3.1.10.zip)
//        をダウンロードする。
// (3)ダウンロードが始まるので、保存先をデスクトップにする。  
//       ファイル(mysql-connector-java-3.1.10.zip)がデスクトップに保存される。
//
//  ●ファイル(mysql-connector-java-3.1.10.zip)が改ざんされていないことの確認。
//    ダウンロードページに記載されている
//   MD5チェックサム(0358f500fde7a5969f491472d13c4f84) 
//    とmd5コマンドの実行結果を比較し一致しているかどうかを確認する。
//    一致していればOK。
//    Windowsのmd5コマンドは、http://www.fourmilab.ch/md5/ から入手する。 
//  ・実行例
//      md5コマンド(md5.exe)とファイル(mysql-connector-java-3.1.10.zip)を
//      ディレクトリ(c:\temp)にコピーし確認する。
//
//      C:\temp>md5 mysql-connector-java-3.1.10.zip
//      0358F500FDE7A5969F491472D13C4F84  mysql-connector-java-3.1.10.zip
//
//  ●MySQLのインストール
// (1)ZIP形式のファイル(mysql-connector-java-3.1.10.zip)を解凍する。
//        解凍先ディレクトリをデスクトップとする。
// (2)デスクトップにディレクトリ(mysql-connector-java-3.1.10)が作成される。
//        デスクトップ上のディレクトリ(mysql-connector-java-3.1.10
//        \mysql-connector-java-3.1.10)内のファイル
//    (mysql-connector-java-3.1.10-bin.jar)にJDBCドライバが存在する。
// (3)JDBCドライバを環境変数CLASSPATHに追加する。
//        ただし、JDBCドライバは、
//      c:\mysql-connector-java-3.1.10
//              \mysql-connector-java-3.1.10-bin.jar
//    に存在する。
//
// ●Tomcatに組み込む。
//  ファイル(mysql-connector-java-3.1.10-bin.jar)を
//    %CATALINA_HOME%\shared\libの下にコピーする。その後、再起動する。
//  
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////