////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//  << db115.java >>
//
// データベース(1):テーブルの作成(レコードの検索)
//
// ●関連するSQLの構文
//
//  SELECT * FROM テーブル名 WHERE 検索条件
//     意味:テーブル中の列において、検索条件を満たすものを選ぶ。
//
// ●起動法
//  MySQLは起動しているものとする。
//    (1) c:\>javac db115.java
//    (2) c:\>java db115 db1 tb1
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.sql.*;

class db115 {
  public static void main(String args[]) {

    String database = args[0]; // データベース名。
    String table = args[1];    // テーブル名。

    try{
      // (手順1)JDBCドライバのロード。
      String driver = "org.gjt.mm.mysql.Driver";
      Class.forName(driver);

      // (手順2)ユーザ(guest)としてデータベース(db1)に接続。
      // テーブルで日本語を扱う場合、属性(useUnicode=true&characterEncoding=SJIS)
      // を指定する。
      String url = "jdbc:mysql://localhost/" + database +  
                   "?useUnicode=true&characterEncoding=SJIS"; // データベース。
      String user = "guest";
      String passwd = "anyone";
      Connection cn = DriverManager.getConnection(url,user,passwd);

      // (手順3)SQL文をデータベースに送る機能を持つStatementオブジェクトを作成。
      Statement st = cn.createStatement();

      // (手順4)SQL文を作成・実行する。
        String q1 = "USE " + database;
        st.execute(q1);                     

        // SQL文を作成・実行し、実行結果をResultSetオブジェクトに格納する。
        String q2 = "SELECT * FROM " + table + " WHERE 名前='日立花子'";
        ResultSet rs = st.executeQuery(q2);

      // (手順5)実行結果の表示。
        System.out.println("データベース:" + database);
        System.out.println("テーブル:" + table);
        while( rs.next() ) {
          System.out.println("番号:" + rs.getInt("番号"));
          System.out.println("名前:" + rs.getString("名前"));
          System.out.println("住所:" + rs.getString("住所"));
        }

      // (手順6)データベースとの接続を閉じる。
      cn.close();

    } catch( Exception e ) {
      System.out.println(e); 
    }
  }
} 
実行結果
c:\> javac db115.java
c:\> java db115 db1 tb1
データベース:db1
テーブル:tb1
番号:2
名前:日立花子
住所:茨城県日立市