///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//  << db126a.java >>
//
// データベース(2):トランザクション処理(実験、サンプルテーブルの作成)
//
//   データベース(db1),テーブル(tb2)を作成し、更新回数の初期設定を行う。
//
// ●準備
//  事前に、管理者(root)が、ユーザ(guest)に対して、データベース(db1)に含まれる
//  テーブル(tb2)へのすべての権限を与えておく。
//  すなわち、つぎのコマンドを実行しておく必要がある。
//   mysql> grant all on db1.tb2 to guest@localhost identified by 'anyone';
//
// ●起動法
//  MySQLは起動しているとする。
//    (1) c:\>javac db126a.java
//    (2) c:\>java db126a
//
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.sql.*;

class db126a {
  public static void main(String args[]) {

    String database = "db1"; // データベース名。
    String table = "tb2";    // テーブル名。
                                                   
    String url = "jdbc:mysql://localhost/" + database +                  
                 "?useUnicode=true&characterEncoding=SJIS";              
    String user = "guest";                                               
    String passwd = "anyone";                                            

    try{                                                                     
      // JDBCドライバのロード。                                                 
      String driver = "org.gjt.mm.mysql.Driver"; // JDBCドライバ。              
      Class.forName(driver);                                                    
                                                                      
      // ユーザ(guest)としてデータベースに接続。                             
      Connection cn = DriverManager.getConnection(url,user,passwd);         
                                                                             
      // SQL文をデータベースに送る機能を持つStatementオブジェクトを作成 。
      Statement st = cn.createStatement();                                      
                                                                             
      try{                                                                   
        String q1 = "USE " + database;                                       
        st.execute(q1);                                                      

        String q2 = "CREATE TABLE " + table + "(更新回数 INTEGER)";             
        st.execute(q2);                                                      
                                                                             
        String q3 = "INSERT INTO " + table + "(更新回数) " + "VALUE(0)"; 
        st.executeUpdate(q3);                                                
                                                                             
        // SQL文を作成・実行し、実行結果をResultSetオブジェクトに格納する。
        String q4 = "SELECT * FROM " + table;            
        ResultSet rs = st.executeQuery(q4);                        

        while( rs.next() ) {                                               
          System.out.println("更新回数:" + rs.getInt("更新回数"));      
        }                                                                  
      } catch( Exception e ) {                                          
        System.out.println(e);                                          
      }                                                                 
   
      // データベースとの接続を閉じる。                               
      cn.close();                                                     
    } catch( Exception e) { }
  }
} 
実行結果
c:\> javac db126a.java
c:\> java db126a
更新回数:0