////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << j642c.java >>
//
//  ファイル処理(4)Scannerクラス(ファイルから実数を入力)
//
//    ファイルから、実数をひとつずつ入力し、コンソールへ出力する。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.util.*;
import java.io.*;

class j642c {

  public static void main(String args[]) {

    try {
      // ファイルを指定し開く。
      Scanner f = new Scanner(new File("j642c.txt"));
      // ファイルから実数1個を入力し、コンソールへ出力。
      while( f.hasNextDouble() ) {
        double d = f.nextDouble();
        System.out.println("実数:" + d);
      }
    } catch( Exception e ) { }

  }

} 
実行結果
% type j642c.txt
123.456
0
-123.456

% javac j642c.java
% java j642c
実数:123.456
実数:0.0
実数:-123.456