////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << g101.java >>
//
//  グラフィックス(0):概要
//
//   フレームはコンテナとして設計されているため、通常、文字や図形の描画は、
//   パネルというコンポーネントに行う。パネルはフレームに追加される。
//   パネルは、コンテナであり、文字や図形を描画できるコンポーネントである。
//
// ●文字や画像の描画法
//  文字や画像を描画する場合、JPanelクラスの子クラス内に、paintComponent
//  メソッドをオーバーライドする。paintComponentメッソドは、フレームを書き直す
//  ときに自動的に呼び出されるメソッドなので、プログラム中から呼び出してはなら
//  ない。
//
//        class クラス名 extends JPanel {
//          public void paintComponent(Graphics g) {
//      // 描画処理を書く。
//          }
//        }
//
//  ●JPanelクラス
//    パネルの生成に、JPanelクラスを使う。
//    デフォルトレイアウトマネージャーはFlowLayoutである。
//
// ●JComponentクラスのメソッド
//  void paintComponent(Graphics g)
//     機能:このメソッドをオーバーライドする。
//            描画処理を書く。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////