////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << g111a.java >>
//
//  GUI(1):フレームウィンドウ(生成、表示、非表示)
//
//  フレームと呼ばれるウィンドウ(タイトルなし)を表示する。
//
//  ●Frameクラス
//  フレームウィンドウは、ウィンドウ周囲の枠、タイトルバー、最大化ボタン、
//  最小化ボタン、閉じるボタンを持つ。
//    Frameクラスを使って、フレームは作成される。
//
//    ・アプリケーションを終了するには、Ctrlキーとcを同時に押す。
//    ・フレームにおいて、デフォルトのレイアウトマネージャーは
//   BorderLayoutである。
//  ・Frameクラスのクラス階層
//   java.lang.Object --> java.awt.Component --> java.awt.Container --> 
//      java.awt.Window --> java.awt.Frame
//
//  ●Frameクラスのコンストラクタ
//    Frame()
//      機能:タイトルなし、非表示のFrameオブジェクトを生成する。
//
//  ●Componentクラス
//  部品の大きさ、部品の背景色、表示位置など、部品の表示に関する操作を
//  メソッドとして持つ。
//
//  ●Componentクラスのメソッド
//    void setSize(int w, int h)
//      機能:フレームの幅をh、高さをhにする。
//  void setVisible(boolean x)
//      機能:xがtrueの場合、表示する。
//            xがfalseの場合、非表示にする。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.awt.*; 

class g111a {

  public static void main(String[] args) {

    // フレームの作成。
    Frame f = new Frame();

    // フレームの大きさを設定。
    f.setSize(300,200);

    // フレームの表示。
    f.setVisible(true);
  }
}
実行結果

% javac g111a.java
% java g111a