////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << g112a.java >>
//
//  GUI(1):フレームウィンドウ(生成、表示、非表示)
//
//  フレームと呼ばれるウィンドウ(タイトル付き)を表示する。
//
//  ●Frameクラスのコンストラクタ
//    Frame(String s)
//      機能:タイトルsをもつ非表示のFrameオブジェクトを生成する。
//
//  ●Frameクラスのメソッド
//    void setTitle(String s)  
//      機能:文字列sをタイトルとする。
//
//  ●Componentクラスのメソッド
//    void setForeground(Color c)
//      機能:コンポーネントのフォアグラウンドの色をcに設定。
//    void setBackground(Color c)
//      機能:コンポーネントのバックグラウンドの色をcに設定。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.awt.*; 

class g112a {

  // コンストラクタ。
  g112a() {
    // フレームの作成。
    Frame f = new Frame("フレーム");
    // フレームの大きさを設定。
    f.setSize(300,200);
    // フレームの背景色を設定。
    f.setBackground(Color.red);
    // フレームを表示。
    f.setVisible(true);
  }

  public static void main(String[] args) {
    g112a g = new g112a();
  }

}
実行結果

% javac g112a.java
% java g112a