////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << g122.java >>
//
//  GUI(2):レイアウトマネージャー(BorderLayout)
//
//  North(ウインドウの上部を意味する)、South(ウインドウの下部を意味する)、
//  West(ウインドウの左部を意味する)、East(ウインドウの右部を意味する)、
//  Center(ウインドウの中央部を意味する)に部品を配置する。
//
//  フレームのデフォルト・レイアウトマネージャは、BorderLayoutである。
//
// ●BorderLayoutクラスのコンストラクタ
//  BorderLayout(int h, int v)
//   機能:部品を、上、下、左、右、中央に配置する。
//      各部品の間隔は均等。
//      部品数は最大5個まで。
//      hは部品間の水平間隔、vは部品間の垂直間隔。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.awt.*; 

class g122 {

  // コンストラクタ。
  g122() { 
    // フレームの作成。
    Frame f = new Frame("フレーム");

    // ボタンの作成。
    Button b1 = new Button("ボタン1");
    Button b2 = new Button("ボタン2");
    Button b3 = new Button("ボタン3");
    Button b4 = new Button("ボタン4");
    Button b5 = new Button("ボタン5");

    // フレームのレイアウトマネージャをBorderLayoutに設定。
    f.setLayout(new BorderLayout(10,10));

    // ボタンをフレーム内に追加。
    f.add("North",b1);  // 上に配置。
    f.add("South",b2);  // 下に配置。
    f.add("West",b3);   // 左に配置。
    f.add("East",b4);   // 右に配置。
    f.add("Center",b5); // 中央に配置。

    // フレームの大きさを設定。
    f.setSize(300,200);
    // フレームの表示。
    f.setVisible(true);
  }

  public static void main(String[] args) {
    g122 g = new g122();
  }

}
実行結果

% javac g122.java
% java g122