////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//  << g132.java >>
//
//  GUI(3):イベント処理(概説)
//
//  ●イベント処理
//
//    ユーザがボタンをクリックすると、イベントという情報としてまとめられる。
//  このイベントは、イベントリスナに渡され処理される。
//  このような処理形式をイベント処理という。
//
//  ・イベントの発生源となるコンポーネントをイベントソースという。
//  ・イベントリスナは、リスナーインターフェースを実装しているクラスで、
//   受理したイベントを処理するメソッドが記述される。
//  ・イベント処理に関連するクラスは、java.awt.eventパッケージに存在する。
//
// ●イベント処理の仕組み
//
//  (1)イベントソースからイベントが発生する。
//     イベントには、その種類ごとに対応するクラス(ボタン操作から発生する
//       イベントにはActionEventクラスがある)が定義されており、イベントが
//       発生すると、そのオブジェクトが作られる。
//  (2)イベントのオブジェクトは、イベントリスナのオブジェクトに送られ
//       処理される。
//       あらかじめ、イベントリスナのオブジェクトをイベントソースのオブジェクト
//       に登録しておく必要がある。
//
//  ・イベントリスナは、イベントに対応するリスナーインターフェースを実装する
//   ことが要求される。例えば、ボタンのイベントActionEventを処理する
//   イベントリスナは、ActionListenerというインターフェース中のメソッド
//   (actionPerformed)に処理手順を記述することになる
//
// ●イベント処理プログラムの書き方
//
//  次の2点を記述することが必要。
// (手順1)リスナーインターフェースを実装するリスナクラスを定義する。
// (手順2)イベントソースのオブジェクトに、イベントリスナのオブジェクトを
//      登録する
// 
//      イベントソースのオブジェクト.addEventListener(イベントリスナの
//                             オブジェクト)
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////