////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << g132b.java >>
//
//  GUI(3):GUI部品(ボタン、イベント処理)
//
//  ボタン1をクリックすると、メッセージ(ボタン1がクリックされた)が表示される。
//  ボタン2をクリックすると、メッセージ(ボタン2がクリックされた)が表示される。
//
// ●EventObjectクラスのメソッド
//    public Object getSource()
//      機能:イベントが発生したオブジェクトを返す。
//
// ●ActionEventクラス
//    java.util.EventObject --> java.awt.AWTEvent --> java.awt.event.ActionEvent
//
// ●ActionListenerインターフェースのメソッド
//    void actionPerformed(ActionEvent e)
//      機能:イベントが発生したとき呼び出される。
//            eにイベント発生時の状況が記録されている。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.awt.*;
import java.awt.event.*;

class g132b implements ActionListener {

  Frame f;
  Button b1,b2;
  Label lab;

  // コンストラクタ。
  g132b() {
    // フレームの作成。
    f = new Frame("フレーム");
    // フレームにレイアウトマネージャ(FlowLayout)を設定。
    f.setLayout(new FlowLayout(FlowLayout.LEFT,20,20));
    // ボタンの作成。
    b1 = new Button("ボタン1");
    b2 = new Button("ボタン2");
    // ボタンをフレーム内に追加。
    f.add(b1);
    f.add(b2);

    // 表示用ラベルの作成。
    lab = new Label("            ");
    lab.setBackground(Color.yellow);
    // ラベルをフレーム内に追加。
    f.add(lab);

    // フレームの大きさを設定。
    f.setSize(300,200);
    // フレームを表示。
    f.setVisible(true);

    // イベントリスナを登録。
    b1.addActionListener(this);
    b2.addActionListener(this);
  }

  // ActionListenerインターフェースのメソッド。
  public void actionPerformed(ActionEvent e) {
    // ボタンがクリックされたとき、実行される。
    if( e.getSource() == b1 ) {
      lab.setText("ボタン1がクリックされた");
    } 
    if( e.getSource() == b2 ) {
      lab.setText("ボタン2がクリックされた");
    }
  }

  public static void main(String[] args) {
    g132b g = new g132b();
  }

}
実行結果

% javac g132b.java
% java g132b


ボタン1をクリック後


ボタン2をクリック後