////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << g133b.java >>
//
//  GUI(3):GUI部品(チョイスボタン、イベント処理)
//
//  チョイスボタンを表示し、選択した項目をラベルに表示する。
//
// ●Choiceクラス
//  複数の項目からひとつ選ぶとき、Choiceクラスを使う。
//
//  ●Choiceクラスのメソッド
//    public void add(String s)                       
//      機能:文字列sを項目に加える。
//    public String getSelectedItem()
//      機能:選択された項目を文字列で返す。
//    public int getSelectedIndex()
//      機能:選択された項目の位置を返す。先頭の位置は0。
//
// ●ItemListenerインターフェースのメソッド
//    void itemStateChanged(ItemEvent e)
//      機能:イベントが発生したとき呼び出される。
//      e   :イベント発生時の状況が記録されている。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.awt.*;
import java.awt.event.*;

class g133b implements ItemListener {

  Frame f;
  Choice cb;
  Label lab;

  // コンストラクタ。
  g133b() {
    // フレームの作成。
    f = new Frame("フレーム");
    // フレームにレイアウトマネージャ(FlowLayout)を設定。
    f.setLayout(new FlowLayout(FlowLayout.LEFT,20,20));
    // チョイスボタンの作成。
    cb = new Choice();
    // 項目を追加。
    cb.addItem("アントラーズ");
    cb.addItem("ジュビロ");
    cb.addItem("サンガ");
    // チョイスボタンをフレーム内に追加。
    f.add(cb);

    // 表示用ラベルの作成。
    lab = new Label("                 ");
    lab.setBackground(Color.yellow);

    // ラベルをフレームに追加。
    f.add(lab);

    // フレームの大きさを設定。
    f.setSize(300,200);
    // フレームを表示。
    f.setVisible(true);

    // イベントリスナを登録。
    cb.addItemListener(this);
  }

  // ItemListenerインターフェースのメソッド。
  public void itemStateChanged(ItemEvent e) {
    // チョイスボタンからイベントが発生した場合、実行される。   
    if( e.getSource() == cb ) {
      String s = cb.getSelectedItem();
      int k = cb.getSelectedIndex();
      lab.setText(k + "番目の項目(" + s + ")が選択された");
    }
  }

  public static void main(String[] args) {
    g133b g = new g133b();
  }
}
実行結果

% javac g133b.java
% java g133b


▼ボタンをクリック後、サンガを選択