////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << g138a.java >>
//
//  GUI(3):GUI部品(テキストエリア)
//
//  テキストエリアを作成し表示する。
//
//  ●TextAreaクラス
//    ユーザからの入力(文字列)用の欄(複数行分ある)で、編集するとき、TextArea
//  クラスを使う。
//    水平スクロールバー、垂直スクロールバーを設定できる。
//
//  ●TextAreaクラスのコンストラクタ
//    TextArea(int r, int c)                       
//      機能:r行、c列のテキストエリアを作成する。
//    TextArea(String s, int r, int c)                       
//      機能:文字列sを表示するr行c列のテキストエリアを作成する。
//    TextArea(String s, int r, int c, int scr)                       
//      機能:文字列sを表示するr行c列のテキストエリアを作成する。
//            static int SCROLLBARS_BOTH  水平・垂直スクロールバーを設定
//            static int SCROLLBARS_HORIZONTAL_ONLY  水平スクロールバーを設定
//            static int SCROLLBARS_VERTICAL_ONLY  垂直スクロールバーを設定
//            static int SCROLLBARS_NONE  スクロールバーを設定しない
//
//   ・TextAreaクラスのクラス階層
//   java.lang.Object --> java.awt.Component --> java.awt.TextComponent -->
//     java.awt.TextArea
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.awt.*;

class g138a {

  // コンストラクタ。
  g138a() {
    // フレームの作成。
    Frame f = new Frame("フレーム");
    // フレームにレイアウトマネージャ(FlowLayout)を設定。
    f.setLayout(new FlowLayout(FlowLayout.LEFT,20,20));

    // テキストエリア生成。
    TextArea t1 = new TextArea("こんにちは",3,30,TextArea.SCROLLBARS_BOTH);
    TextArea t2 = new TextArea(3,30);

    // テキストエリアをフレーム内に追加。
    f.add(t1);
    f.add(t2);

    // フレームの大きさを設定。
    f.setSize(300,300);
    // フレームを表示。
    f.setVisible(true);
  }

  public static void main(String[] args) {
    g138a g = new g138a();
  }

}
実行結果

% javac g138a.java
% java g138a


上段のテキストエリアに文字列(さようなら)を追加