////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << g142c.java >>
//
//  GUI(3):GUI部品(ポップアップメニュー、イベント処理)
//
//  フレーム内でクリックしたとき、その位置にポップアップメニューを表示する。
//
//  アダプタクラスは、リスナーインターフェースで定義されているメソッドを
//  空のメソッドとして定義している。
//  このため、必要なメソッドのみオーバーライドすればよい。
//  MouseListenerインターフェースのアダプタクラスは、MouseAdapterである。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.awt.*;
import java.awt.event.*; 

class g142c extends MouseAdapter implements ActionListener {

  Frame f;
  PopupMenu pm;
  MenuItem mi1,mi2,mi3;

  // コンストラクタ。
  g142c() {
    // フレームの作成。
    f = new Frame("フレーム");
    // フレームにレイアウトマネージャ(FlowLayout)を設定。
    f.setLayout(new FlowLayout(FlowLayout.LEFT,20,20));

    // ポップアップメニューの作成。
    pm = new PopupMenu();

    // ポップアップメニューをフレーム内に追加。
    f.add(pm); 

    // メニュー項目の作成。
    mi1 = new MenuItem("赤"); 
    mi2 = new MenuItem("黄"); 
    mi3 = new MenuItem("青"); 

    // メニュー項目をポップアップメニューに追加。
    pm.add(mi1);  
    pm.add(mi2); 
    pm.add(mi3); 

    // フレームの大きさを設定。
    f.setSize(300,200);
    // フレームを表示。
    f.setVisible(true);

    // イベントリスナの登録。
    mi1.addActionListener(this);
    mi2.addActionListener(this);
    mi3.addActionListener(this);
    f.addMouseListener(this);
  }

  // ActionListenerインターフェースのメソッド。
  public void actionPerformed(ActionEvent ae) {
    if( ae.getSource() == mi1 ) { f.setBackground(Color.red); }
    if( ae.getSource() == mi2 ) { f.setBackground(Color.yellow); }
    if( ae.getSource() == mi3 ) { f.setBackground(Color.blue); }
  }

  // MouseAdapterクラスのメソッド。
  public void mouseClicked(MouseEvent me) {
    pm.show(f, me.getX(), me.getY()); 
  }

  public static void main(String[] args) {
    g142c g = new g142c();
  }

}
実行結果

% javac g142c.java
% java g142c


フレーム内の位置をクリック