////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << ja112.java >>
//
//  JApplet(1):レイアウトマネージャー(FlowLayout)
//
//  部品の配置を、左から右へ並べるよう指定する。
//    並べられなくなれば、つぎの行に配置する。各部品の間隔は均等。
//
// ●FlowLayoutクラス
//    コンポーネント(ボタンやテキストフィールドなどの部品)を左から右へ
//  行ごとに配置する。
//    java.awt.FlowLayout
//
// ●FlowLayoutクラスのコンストラクタ   
//    public FlowLayout()
//   機能:部品の配置を、左から右へ順に並べるよう指定する。
//      水平間隔と垂直間隔は5、中央揃え。
//    public FlowLayout(int align, int h, int v)
//   機能:部品の配置を、左から右へ順に並べるよう指定する。各部品の間隔は均等。
//            位置alignの指定は次のようになる。
//       左寄せ  FlowLayout.LEFT
//       中央    FlowLayout.CENTER
//             右寄せ  FlowLayout.RIGHT
//            hはコンポーネント間の水平間隔、vはコンポーネント間の垂直間隔。
//
// ●JButtonクラスのコンストラクタ
//  public JButton(String s)
//      機能:テキストsをもつボタンを生成する。
//
// ●Containerクラスのメソッド     
//    public Component add(Component comp)
//      機能:部品compをコンテナの最後に追加する。 
//    public void setLayout(LayoutManager lm)
//      機能:コンテナのレイアウトマネージャをlmに設定する。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.awt.*;
import javax.swing.*;

public class ja112 extends JApplet {

  public void init() {
    // アプレットからコンテンツペインを取得。
    Container c = this.getContentPane();

    // アプレットのレイアウトマネージャをFlowLatoutに設定。
    c.setLayout(new FlowLayout(FlowLayout.LEFT,10,5));

    // ボタンの作成。
    JButton b1 = new JButton("ボタン1");
    JButton b2 = new JButton("ボタン2");
    JButton b3 = new JButton("ボタン3");
    JButton b4 = new JButton("ボタン4");
    JButton b5 = new JButton("ボタン5");

    // ボタンをコンテンツペイン内に追加。
    c.add(b1);
    c.add(b2);
    c.add(b3);
    c.add(b4);
    c.add(b5);
  }
}
HTMLファイル
<html>
<head>
  <title>アプレット</title>
</head>
<body bgcolor=white text=black>
<applet code="ja112.class" width="300" height="160">
</applet>
</body>
</html>
実行結果


HTMLファイル
<html>
<head>
  <title>アプレット</title>
</head>
<body bgcolor=white text=black>
<applet code="ja112.class" width="400" height="100">
</applet>
</body>
</html>
実行結果