////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << ja115a.java >>
//
//  JApplet(1):レイアウトマネージャー(CardLayout、配置)
//
//  コンテナ内に追加される部品は、カードとして扱われ、1度に1枚のカードのみが
//  表示される
//  カードは順番にめくったり、指定したカードを表示したりできる。
//
// ●CardLayoutクラスのコンストラクタ        
//  public CardLayout(int h, int v)
//      機能:水平方向の間隔hおよび垂直方向の間隔vで、カードレイアウトを作成する。
//
// ●Containerクラスのメソッド
//   public Component add(Component comp, String obj)
//      機能:部品compをこのコンテナに文字列objと関連づけて追加する。
//
// ●CardLayoutクラスのメソッド        
//    public void first(Container parent)
//   機能:コンテナparentの最初のカードに切り替える。
//    public void next(Container parent)
//   機能:コンテナparentの次のカードに切り替える。現在表示されているカードが
//      最後のカードである場合、最初のカードに切り替える。
//    public void show(Container parent, String obj)
//   機能:文字列objと関連づけてこのレイアウトに追加された部品に切り替える。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.awt.*; 
import javax.swing.*;

public class ja115a extends JApplet {

  Container c;
  CardLayout cl;

  public void init() {
    // アプレットのコンテンツペインを取得。
    c = this.getContentPane();
    // CardLayoutオブジェクトの作成。
    cl = new CardLayout(10,20); 
    // コンテンツペインのレイアウトマネージャをCardLayoutに設定。
    c.setLayout(cl);

    // ラベルの作成。
    JLabel lab1 = new JLabel("ラベル1");
    JLabel lab2 = new JLabel("ラベル2");
    JLabel lab3 = new JLabel("ラベル3");

    // ラベルに名前を付けてコンテンツペイン内に追加。   
    c.add(lab1,"FIRST");
    c.add(lab2,"SECOND");
    c.add(lab3,"THIRD");
  }

  public void start() {
    cl.show(c,"SECOND");
  }
}
HTMLファイル
<html>
<head>
  <title>アプレット</title>
</head>
<body bgcolor=white text=black>
<applet code="ja115a.class" width="300" height="200">
</applet>
</body>
</html>
実行結果