////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << ja128.java >>
//
//  JApplet(2):部品(テキストエリア、配置、イベント処理)
//
//  2つのテキストエリアと「複写」ボタン、「消去」ボタンを作る。
//  テキストエリア内で編集ができる。
//  最初のテキストエリアにはスクロールバーを付ける。スクロールバーを付けるには、
//  テキストエリアをスクロールペインに入れる必要がある。
//  テキストエリアに表示しきれないテキストが入力されると自動的にスクロールバー
//  が現れる。テキストエリアにすべてのテキストが表示できるようになるとスクロー
//  ルバーは消える。
//
// ●イベント処理
//  イベントソース:JTextAreaクラス
//  イベント      :ActionEventクラス
//  イベントリスナ:ActionListenerインターフェース
//          actionPerformedメソッド
//    テキストエリアでリターンキーを押してもイベントは発生しない。
//    他の部品と組み合わせて利用する。
//
//  ●JTextAreaクラス
//    ユーザからの入力(文字列)用の欄(複数行分ある)で、編集するとき、JTextArea
//  クラスを使う。
//
//  ●JTextAreaクラスのコンストラクタ
//    public JTextArea(int r, int c)                       
//      機能:r行、c列のテキストエリアを作成する。
//    public JTextArea(String s, int r, int c)                       
//      機能:文字列sを表示するr行c列のテキストエリアを作成する。
//
//  ●JTextAreaクラスのメソッド
//    public void append(String s)                       
//      機能:文字列sを既存テキストの末尾に追加する。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.awt.*; 
import java.awt.event.*; 
import javax.swing.*;

public class ja128 extends JApplet implements ActionListener {

  Container c;
  JTextArea t1,t2; 
  JButton b1,b2;

  public void init() {
    // アプレットからコンテンツペインを取得。
    c = this.getContentPane();

    // コンテンツペインのレイアウトマネージャをFlowLayoutに設定。
    c.setLayout(new FlowLayout(FlowLayout.CENTER,10,10));

    // テキストエリアの作成。
    t1 = new JTextArea("こんにちは\n茨城大学\n工学部\n情報工学科",3,20);
    JScrollPane sp = new JScrollPane(t1);
    t2 = new JTextArea(3,20);

    // ボタンの作成。
    b1 = new JButton("複写");
    b2 = new JButton("消去");

    // スクロールペイン、ボタン、テキストエリアをコンテンツペイン内に追加。
    c.add(sp);
    c.add(b1);
    c.add(b2);
    c.add(t2);

    // イベントリスナの登録。
    b1.addActionListener(this);
    b2.addActionListener(this);
  }

  // ActionListenerインターフェースのメソッド。
  public void actionPerformed(ActionEvent e) {
    if( e.getSource() == b1 ) {
      String s = t1.getText(); t2.setText(s);
    }
    if( e.getSource() == b2 ) {
      String s = " "; t2.setText(s);
    }
  }
}
HTMLファイル
<html>
<head>
  <title>アプレット</title>
</head>
<body bgcolor=white text=black>
<applet code="ja128.class" width="300" height="210">
</applet>
</body>
</html>
実行結果