////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << ja130c.java >>
//
//  JApplet(2):部品(メニューの階層構造、配置)
//
//   メニューがメニューを含むことができる。すなわち、メニューの階層化が可能。
//
//  ●JMenuクラスのメソッド
//    void addSeparator()
//   機能:現在位置にセパレータを挿入する。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.awt.*;
import javax.swing.*;

public class ja130c extends JApplet {

  public void init() {

    // メニューバーjmbの作成。
    JMenuBar jmb = new JMenuBar(); 
    // メニューバーjmbをアプレット内に追加。
    this.setJMenuBar(jmb); 

    // メニューjmの作成。
    JMenu jm = new JMenu("メニュー"); 
    // メニューjmをメニューバーjmb内に追加。
    jmb.add(jm); 

    // メニューjmに含まれるメニューjm0,jm1の作成。
    JMenu jm0 = new JMenu("項目なし"); 
    JMenu jm1 = new JMenu("項目あり"); 
    // メニューjm0をメニューjm内に追加。
    jm.add(jm0); 
    // セパレータをメニューjm内に追加。
    jm.addSeparator(); 
    // メニューjm1をメニューjm内に追加。
    jm.add(jm1); 

    // メニュー項目jmi1,jmi2,jmi3の作成。
    JMenuItem jmi1 = new JMenuItem("赤"); 
    JMenuItem jmi2 = new JMenuItem("黄"); 
    JMenuItem jmi3 = new JMenuItem("青"); 
    // メニュー項目jmi1,jmi2,jmi3をメニューjm1内に追加。
    jm1.add(jmi1);  
    jm1.add(jmi2); 
    jm1.add(jmi3); 
  }
}
HTMLファイル
<html>
<head>
  <title>アプレット</title>
</head>
<body bgcolor=white text=black>
<applet code="ja130c.class" width="300" height="200">
</applet>
</body>
</html>
実行結果