////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << ja133a.java >>
//
//  JApplet(2):部品(ツリー、配置)
//
//  ツリーを作成する。
//
// ●ツリー作成手順
//  (手順1)ノードの作成
//  (手順2)親子関係の設定
//  (手順3)ツリーの作成
//
// ●DefaultMutableTreeNodeクラス
//    ツリーのノードを作成するクラス。
//
// ●DefaultMutableTreeNodeクラスのコンストラクタ
//  DefaultMutableTreeNode(Object obj)
//   機能:オブジェクトobjをもつノードを作成する。
//
// ●DefaultMutableTreeNodeクラスのメソッド
//  void add(MutableTreeNode node)
//   機能:ノードnodeを子として追加する。
//
// ●JTreeクラス
//    ツリーを作成するクラス。
//
// ●JTreeクラスのコンストラクタ
//  JTree(TreeNode root)
//   機能:ルートrootをもつツリーを作成する。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.awt.*; 
import java.awt.event.*; 
import javax.swing.*;
import javax.swing.tree.*;

public class ja133a extends JApplet {

  public void init() {
    // アプレットからコンテントペインを取得。
    Container c = this.getContentPane();

    // 手順1:ノードの作成。
    DefaultMutableTreeNode root = new DefaultMutableTreeNode("日本");
    DefaultMutableTreeNode n1 = new DefaultMutableTreeNode("茨城県");
    DefaultMutableTreeNode n11 = new DefaultMutableTreeNode("水戸市");
    DefaultMutableTreeNode n12 = new DefaultMutableTreeNode("日立市");
    DefaultMutableTreeNode n2 = new DefaultMutableTreeNode("福島県");
    DefaultMutableTreeNode n21 = new DefaultMutableTreeNode("いわき市");

    // 手順2:親子関係の設定。
    root.add(n1);
    n1.add(n11);
    n1.add(n12);
    root.add(n2);
    n2.add(n21);

    // 手順3:ツリーの作成。
    JTree tree = new JTree(root);
    // ツリーをコンテンツペイン内に追加。
    c.add(tree);
  }
}
HTMLファイル
<html>
<head>
  <title>アプレット</title>
</head>
<body bgcolor=white text=black>
<applet code="ja133a.class" width="300" height="200">
</applet>
</body>
</html>
実行結果