////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << ja139a.java >>
//
//  JApplet(2):部品(スライダー、配置)
//
//  スライダーは、メモリ表示された区間内でノブをスライドすることにより
//  目盛りの値を選択できる部品である。
//  スライダは、大目盛りと、その間の小目盛りの両方を表示できる。
//
// ●JSliderクラス
//  スライダーを扱うクラス。
//
// ●JSliderクラスのコンストラクタ
//    public JSlider(int min, int max, int value)
//   機能:最小値min、最大値max、および初期値valueを指定して、水平スライダを
//      作成する。
//    public JSlider(int orientation, int min, int max, int value)
//   機能:方向orientation、最小値min、最大値max、および初期値valueを指定して、
//            スライダを作成する。 
//      方向:VERTICAL、HORIZONTAL
//
// ●JSliderクラスのメソッド
//    public void setMajorTickSpacing(int n)
//   機能:大目盛りの間隔nを設定する。
//      範囲が 0 〜 50 のスライダで、大目盛りの間隔が10の場合、
//      0,10,20,30,40,50に大目盛りが付けられる。 
//    public void setMinorTickSpacing(int n)
//      機能:小目盛りの間隔nを設定する。
//      範囲が 0 〜 50 のスライダで、小目盛りの間隔が2の場合は、
//      0,2,4,...,48,50に小目盛りが付けられる
//    public void setPaintTicks(boolean b)
//      機能:目盛りがスライダでペイントされるかどうかを指定する。
//            trueの場合、目盛りが表示され、falseの場合、目盛りが表示されない。
//    public void setPaintLabels(boolean b)
//      機能:ラベルがスライダでペイントされるかどうかを指定する。 
//            trueの場合、目盛りの値が表示され、falseの場合、目盛りの値が
//      表示されない。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.awt.*;
import javax.swing.*;

public class ja139a extends JApplet {

  public void init() {
    // アプレットからコンテンツペインを取得。
    Container c = this.getContentPane();
    // コンテンツペインのレイアウトマネージャをGridLayoutに設定。
    c.setLayout(new GridLayout(1,1));

    // スライダーの作成。
    JSlider sd = new JSlider(0, 50, 10);
    sd.setMajorTickSpacing(10);
    sd.setMinorTickSpacing(2);
    sd.setPaintTicks(true);
    sd.setPaintLabels(true);

    // スライダーをコンテンツペイン内に追加。
    c.add(sd);
  }
}
HTMLファイル
<html>
<head>
  <title>アプレット</title>
</head>
<body bgcolor=white text=black>
<applet code="ja139a.class" width="300" height="200">
</applet>
</body>
</html>
実行結果