////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << ja140a.java >>
//
//  JApplet(2):部品(プログレスバー、配置)
//
//  進捗状況を表示するプログレスバーを示す。
//
// ●JProgressBarクラス
//
// ●JProgressBarクラスのコンストラクタ
//    public JProgressBar(int min, int max)
//   機能:水平方向の進捗バーを作成する。範囲を最小値minおよび最大値max
//      とする。進捗バーの初期値は最小値に設定する。
//      デフォルトでボーダはペイントされ、進捗文字列はペイントされない。
//    public JProgressBar(int orient, int min, int max)
//   機能:方向orientの進捗バーを作成する。範囲を最小値minおよび最大値max
//      とする。進捗バーの初期値は最小値に設定する。
//      デフォルトでボーダはペイントされ、進捗文字列はペイントされない。
//
// ●JProgressBarクラスのメソッド
//    public void setStringPainted(boolean b)
//   機能:進捗バーが進捗文字列を描画するかどうかを指定する。
//      デフォルトでは false に設定され文字列はペイントされない。
//      bをtrueにすると、進捗バーに文字列を描画するようになる。
//    public void setValue(int n)
//   機能:進捗バーの現在の値をnに設定する。
//    public void setString(String s)
//      機能:進捗文字列sの値を設定する。デフォルトは、nullに設定されている。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.awt.*;
import javax.swing.*;

public class ja140a extends JApplet {

  public void init() {
    // アプレットからコンテンツペインを取得。
    Container c = this.getContentPane();
    // コンテンツペインのレイアウトマネージャをGridLayoutに設定。
    c.setLayout(new GridLayout(1,1));

    // プログレスバーの作成。
    JProgressBar pb = new JProgressBar(0, 100);
    int n=30;
    pb.setValue(n);
    pb.setStringPainted(true);
    pb.setString(n+"%");

    // プログレスバーをコンテンツペイン内に追加。
    c.add(pb);
  }
}
HTMLファイル
<html>
<head>
  <title>アプレット</title>
</head>
<body bgcolor=white text=black>
<applet code="ja140a.class" width="300" height="200">
</applet>
</body>
</html>
実行結果