////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//  << ja163a.java >>
//
//  JApplet(4):スレッド(ディジタル時計)
//  
//    ディジタル時計を1秒ごとに変える。
//
// ●Dateクラス
//  日付と時間を表すクラス。
//  java.util.Date
//
// ●Dateクラスのコンストラクタ
//    public Date()
//      機能:現在の日時を取得する。
//
// ●Dateクラスのメソッド
//   public String toString()
//      機能:Date オブジェクトを、曜日 月 日 時 分 秒 年 の形式の String に
//            変換する。
// 
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.awt.*;
import javax.swing.*;
import java.util.Date;

public class ja163a extends JApplet implements Runnable {

  Container c;
  Thread th;
  JLabel lab;

  // initメソッド。
  public void init() {
    // アプレットからコンテンツペインを取得。
    c = this.getContentPane();
    // コンテンツペインのレイアウトマネージャをBorderLayoutに設定。
    c.setLayout(new BorderLayout());

    // ラベルの作成。
    lab = new JLabel();
    // パネルをコンテンツペイン内に追加。
    c.add(lab, BorderLayout.CENTER);
  }

  // startメソッド。
  public void start() {
    th = new Thread(this);
    th.start();
  }

  // stopメソッド。
  public void stop() {
    th = null;
  }

  // runメソッド。
  public void run() {
    while( true ) {
      try {
        Thread.sleep(1000); // 1000ミリ秒間スリープする。
        Date t = new Date();
        lab.setText(t.toString());
      } catch ( InterruptedException e ) {
        System.out.println(e);
      }
    }
  }
}
HTMLファイル
<html>
<head>
  <title>アプレット</title>
</head>
<body bgcolor=white text=black>
<applet code="ja163a.class" width="300" height="200">
</applet>
</body>
</html>
実行結果