<%--============================================================================
  << jsp118a.jsp >>

  JSP(1):基礎(暗黙オブジェクト、applicationオブジェクト)          
                                                                             
   一方のJSPページで、文字列をapplicationオブジェクトに保存する。
   一度Webブラウザを閉じる。
   再度、Webブラウザを起動し、別のJSPページから保存した文字列を取り出す。

   ・applicationオブジェクトには、任意のオブジェクトを保存できる。

 ●Webアプリケーション
  ・サーブレットコンテナは、ディレクトリ(%CATALINA_HOME%ebapps\SV)下にある
     JSPページをひとつのWebアプリケーションとして扱う。
   したがって、もし、ディレクトリ(%CATALINA_HOME%ebapps\SV2)があれば、
   別のWebアプリケーションとなる。
  ・同じWebアプリケーションに属するJSPページは、applicationオブジェクトを
   共有する。

 ●applicationオブジェクトのメソッド
    void setAttribute(String name, Object obj) 
      機能:名前nameでオブジェクトobjをapplicationオブジェクトに設定する。
    Object getAttribute(String name) 
      機能:名前nameのオブジェクトを取得する。
                                                                             
 ●起動法                                                                   
  (1)JSPファイル(jsp118a.jsp, jsp118aa.jsp)を作成し、   
     %CATALINA_HOME%\webapps\SV\jsp118a.jsp               
     %CATALINA_HOME%\webapps\SV\jsp118aa.jsp               
       に保存する。                                                          
    (2)入力フォームで、URL(http://localhost:8080/SV/jsp118a.jsp)を指定する。
============================================================================--%>

<%@ page contentType="text/html; charset=Shift_JIS" %>

<html>
<head><title>JSP</title></head>
<body>

<%
  application.setAttribute("STR","aaa");
%>
applicationオブジェクトに保存した文字列:<%= "aaa" %>

</body>
</html>
別のJSP
<%--============================================================================
  << jsp118aa.jsp >>
============================================================================--%>
<%@ page contentType="text/html; charset=Shift_JIS" %>

<html>
<head><title>JSP</title></head>
<body>

<%
  String s = (String)application.getAttribute("STR");
  out.println("applicationオブジェクトから取り出した文字列:" + s);
%>

</body>
</html>
入力フォーム
<form action=http://localhost:8080/SV/jsp118a.jsp method=POST>
  <input type=submit value=実行>
</form>
実行結果

実行後


別のJSPを起動後


一度Webブラウザを閉じ、別のJSPを起動後