<%--===========================================================================
  << jsp119a.jsp >>

    JSP(1):基礎(includeアクションタグ)

 ●アクションタグ

   アクションタグに関連づけられたJavaコードが呼び出され実行される。

   定型的な処理を表現するもので、コードの可読性をよくする効果がある。

   システムで用意されている標準アクションと、ユーザが作成するカスタムタグ
   がある。標準アクションタグとして、includeアクションタグ、
   forwardアクションタグ、paramアクションタグなどがある。

 ●includeアクションタグ

  ・他のJSPファイル、HTMLファイルの出力結果を取り込む。

  ・取り込むファイルは、page属性で指定する。

  ・書き方:<jsp:include page="取り込まれるファイルのURL" />

  ・fileの指定が、/から始まる場合、ディレクトリ(%CATALINA_HOME%\webapps\SV)を
   起点とすると解釈される。
   /から始まらない場合、現在のディレクトリを起点とすると解釈される。

  ・クライアントからの要求が発生するつど、取り込まれる。
   取り込まれるファイルを更新すると、すぐに反映される。

 ●起動法
  (1)JSPファイル(jsp119a.jsp, jsp119aa.jsp)を作成し、
         %CATALINA_HOME%\webapps\SV\jsp119a.jsp
         %CATALINA_HOME%\webapps\SV\jsp119aa.jsp
     に保存する。
  (2)入力フォームで、URL(http://localhost:8080/SV/jsp119a.jsp)を指定する。
============================================================================--%>

<%@ page contentType="text/html; charset=Shift_JIS" %>

<html>
<head><title>JSP</title></head>
<body>

<hr>
<jsp:include page="/jsp119aa.jsp" />
<hr>

</body>
</html>
取り込まれるJSP
<%--===========================================================================
  << jsp119aa.jsp >>
  pageディレクティブは必要である。無いと文字化けが起こる。
============================================================================--%>
<%@ page contentType="text/html; charset=Shift_JIS" %>
現在時刻:<%= new java.util.Date() %>
入力フォーム
<form action=http://localhost:8080/SV/jsp119a.jsp method=POST>
  <input type=submit value=実行>
</form>
実行結果

実行後