<%--============================================================================
  << jsp141a.jsp >>

  JSP(4):セッション管理(開始と終了)                           
                                                                             
   Webクライアントからのアクセスによりセッションを開始し、終了する。        
                                                                             
 ●セッション管理                                                           
                                                                             
  通常のWebの仕組みでは、Webクライアントからのひとつの要求に対して、       
  Webサーバのひとつの応答で終了してしまうので、同じWebクライアントからの   
  アクセスかどうかなどを区別することができない。                           
  ところが、セッション管理機能を使うと、Webクライアントを識別し、Webクライア  
  ントごとの情報を管理できる。このため、複数のWebページに表示されている商品  
  を選び、購入することなどができるようになる。                             
                                                                             
  ・セッション機能は、暗黙オブジェクトsessionで実現する。
  ・セッションは、WebクライアントがWebブラウザを閉じるまで有効である。     
                                                                             
 ●sessionオブジェクトのメソッド
    public String getId()   
     機能:セッションに割り当てられた一意のsessionIDを返す。                
    public void invalidate()
      機能:セッションを無効にし、関連づけられていたオブジェクトを解放する。  
                                                                             
 ●起動法                                                                   
  (1)JSPファイル(jsp141a.jsp)を作成し、   
     %CATALINA_HOME%\webapps\SV\jsp141a.jsp               
       に保存する。                                                          
    (2)URL(http://localhost:8080/SV/jsp141a.jsp)を指定する。
============================================================================--%>

<%@ page contentType="text/html; charset=Shift_JIS" %>

<html>
<head><title>JSP</title></head>
<body>

セッションの開始<br>
sessionID:<%= session.getId() %><br>

セッションの破棄<br>
<% session.invalidate(); %>

sessionID:<%= session.getId() %>

</body>
</html>
実行結果

URL(http://localhost:8080/SV/jsp141a.jsp)を指定後


表示メニューの「最新の情報に更新」項目をクリック後