<%--============================================================================
  << jsp141d.jsp >>                                                           
                                                                             
 JSP(4):セッション管理(属性値の保存)               
                                                                             
  セッションには、任意のオブジェクトを属性名を付けて設定することができる。
                                                                             
 ●sessionオブジェクトのメソッド
  public Object getAttribute(String s)                                     
   機能:属性sに対応づけられたオブジェクトを返す。                        
      オブジェクトがない場合は、null を返す。                          
    public void setAttribute(String s, Object obj)                           
   機能:属性sにオブジェクトobjを対応づけ、このセッションに関連づける。   
      同じ属性sにオブジェクトがすでに対応づけられている場合、          
      置き換えられる。                                                 
    public void removeAttribute(String s)                          
   機能:属性sをsessionオブジェクトから削除する。   
                                                                             
 ●起動法                                                                   
  (1)JSPファイル(jsp141d.jsp)を作成し、   
     %CATALINA_HOME%\webapps\SV\jsp141d.jsp               
       に保存する。                                                          
    (2)URL(http://localhost:8080/SV/jsp141d.jsp)を指定する。
============================================================================--%>

<%@ page contentType="text/html; charset=Shift_JIS" %>

<html>
<head><title>JSP</title></head>
<body>

<%
  // セッションに属性(A1)とその値を設定する。
  int a = 123;
  session.setAttribute("A1",new Integer(a));
  // セッションに属性(A2)とその値を設定する。
  session.setAttribute("A2","abc");
  // セッションに保存されている属性(A1)の値を取得。
  Integer c = (Integer)session.getAttribute("A1");
  // セッションに保存されている属性(A2)の値を取得。
  String s = (String)session.getAttribute("A2");
  out.println("c = " + c); 
  out.println("s = " + s); 
%>

</body>
</html>
実行結果

URL(http://localhost:8080/SV/jsp141d.jsp)を指定後