<%--============================================================================
  << jsp142.jsp >>                                                           
                                                                             
 JSP(4):セッション管理(応用 アクセスカウンタ)               
                                                                             
  Webクライアントからアクセスがあるごとに、アクセス回数と前回アクセス時刻を  
  表示する。                                                               
  Webブラウザの表示メニューの「最新の情報に更新」をクリックすると、
  アクセス回数とアクセス時刻が変わる。  
  Webブラウザを閉じると、アクセス回数は、0にリセットされる。               
                                                                             
 ●起動法                                                                   
  (1)JSPファイル(jsp142.jsp)を作成し、   
     %CATALINA_HOME%\webapps\SV\jsp142.jsp               
       に保存する。                                                          
    (2)URL(http://localhost:8080/SV/jsp142.jsp)を指定する。
============================================================================--%>

<%@ page contentType="text/html; charset=Shift_JIS" %>
<%@ page import="java.util.Date" %>

<html>
<head><title>JSP</title></head>
<body>

アクセスカウンタ<br>
sessionID:<%= session.getId() %><br>

<%
  // セッションに保存されている属性(COUNT)の値を取得。
  // 属性(COUNT)は、アクセス回数を意味する。
  Integer c = (Integer)session.getAttribute("COUNT");
  // セッションに保存されている属性(DATE)の値を取得。
  // 属性(DATE)は、アクセス時刻を意味する。
  Date time = (Date)session.getAttribute("DATE");

  // アクセス回数の更新。
  int n;
  if( c == null ) { // 最初の処理。
    n = 1;
  } else {
    n = c.intValue() + 1;
  }

  // セッションの属性に値を設定する。
  session.setAttribute("COUNT",new Integer(n));
  session.setAttribute("DATE",new Date());
%>

<%= n %>回目のアクセスですね<br>
前回アクセス時刻:<%= time %><br>

</body>
</html>
実行結果

URL(http://localhost:8080/SV/jsp142.jsp)を指定後


表示メニューの「最新の情報に更新」項目をクリック後


Webブラウザを閉じる。再度、Webブラウザを開き、
URL(http://localhost:8080/SV/jsp142.jsp)を指定後