////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//  << j001.java >>
//
// ●Javaソースファイルの書き方
//
//    class クラス名 {
//          定義部分
//        }
//
//  ・Javaソースファイル(Sample.java)の例
//
//      class Sample {
//        public static void main(String args[]) {
//          System.out.println("Java プログラム");
//        } 
//      }
//
//  ・Javaソースファイルには、拡張子(.java)をつける。
//   ・ソースファイル中に複数のクラスを定義してもよい。
//   そのなかの1つのクラス名は、ソースファイル名と同じでなければならない。
//
//  ●Javaソースファイル(Sample.java)のコンパイル
//
//  ・Javaソースファイルに保存されたソースコード(ソースプログラム)がコンパイル
//  されると、バイトコードに変換される。このコードはどのコンピュータでも
//  動作するようなコンピュータに依存しないコードである。
//  このためコンピュータ間のソフトウェア移植性がある。
//  バイトコードは、クラス名に拡張子(.class)をつけられたファイルに保存される。
//  拡張子.classのついたファイルをクラスファイルという。
//  ・Javaソースファイルに複数のクラスが定義されていると、それらのクラスは
//    コンパイル後、別々のクラスファイルになる。
//
// ●Java仮想マシン
//  
//  バイトコードが実行されるには、コンピュータにJava仮想マシン(Javaインター
//  プリタとJavaランタイムシステムから構成される)がインストールされている
//  必要がある。Javaインタープリタでバイトコードをマシンコードに変換し、
//  Javaランタイムシステムが実行する。
//
//  ●Javaプログラムの作成・実行手順
//
//  (1)テキストエディタでソースプログラム(ファイル名:prog.java)を作成する。
//    ファイルの拡張子は、.javaとする。
//
// (2)ソースプログラムをコンパイルして、バイトコードに変換する。
//
//    % javac prog.java
//
//    クラスファイル(prog.class)は、カレントディレクトリに保存される。
//
// (3)クラスファイルをJava仮想マシンで実行する。
//
//    % java prog
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////