////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//  << j002.java >>
//
// ●Java2 SDK Standard Edition(以降SDKと略す)のインストール
//
// (1)SDKをダウンロードする。
//    (a)Webページ:http://java.sun.com/j2se/1.5.0/ja/download.htmlに 
//           Webブラウザでアクセスし、最新のバージョンを指定する。
//       ここでは、「JDK 5.0 Update 3」項目を選び、JDKのダウンロードを
//      クリックする。    
//    (b)Webページが切り替わる。LICENSE AGREEMENTのACCEPT項目をクリックし、
//      Continueボタンをクリックする。
//      Windows Platform欄のWindows Offline Installationをクリックする。
//            ダウンロードが始まるので、デスクトップに保存する。
//    (c)ダウンロードが終了すると、デスクトップに、ファイル(jdk-1_5_0_03-
//        windows-i586-p.exe)を示すアイコンが表示される。
//
// (2)ファイル(jdk-1_5_0_03-windows-i586-p.exe)を示すアイコンをダブル
//    クリックすると、インストールが始まる。
//    インストール先のディレクトリの問い合わせには、c:\jdk1.5.0_03\とする。
//
// (3)インストールしたJavaが起動するように環境設定を行う。
//    (a)スタートボタンをクリックする。
//        (b)コントロールパネルを選択しクリックする。
//    (c)パフォーマンスとメンテナンスをダブルクリックする。
//    (d)システムをダブルクリックする。
//        (e)詳細設定タブをクリックする。
//       (f)環境変数ボタンをクリックする。
//        (g)システム環境変数のPath変数に c:\jdk1.5.0_03\bin を追加する。
//       c:\jdk1.5.0_03 は、Javaをインストールしたディレクトリである。
//
// (4)コンピュータを再起動する。
//
// (5)Javaプログラムのコンパイル・実行は、コマンドプロンプトで行う。
//    cdコマンドを使って、Javaプログラムのあるディレクトリに移動する。
//
// (6)インストールしたJavaのバージョンの確認
//        % java -version 
//        java version "1.5.0_03"
//        Java(TM) 2 Runtime Environment, Standard Edition (build 1.5.0_03-b09)
//        Java HotSpot(TM) Client VM (build 1.5.0_03-b09, mixed mode, sharing)
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////