////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//  << j101.java >>
//
//  基礎(1):画面への出力
//
//  ●Javaのプログラムは、クラスの定義から構成される。
//   予約語classの後にクラス名を書き、クラスの定義部分は、{ と } で囲む。
//  { と } で囲まれた部分をブロックと呼ぶ。
//
//     class クラス名 {
//         定義部分
//      }
//
//   ・予約語は、Java言語で特別な意味を持ち、クラス名などに使えない。
//    使うとエラーになる。public,static,voidなども予約語である。
//     ・クラス名の1文字目は、A-Z, a-z, _, $ のいずれかとする。
//        大小文字は区別される。
//  
//  ●画面への出力は、その機能を持つ文 System.out.println("文字列") で行う。
//    改行を行わないときは、System.out.print("文字列") で行う。
//    文字列は、二重引用符(")で囲む。
//
//  ・実行の単位を文と呼び、セミコロン(;)で区切る。
//   System.out.println("文字列")はひとつの文である。
//   文は原則として、先頭から順に実行される。
//  ・二重引用符を表示するには、\" と書く。 \は円マークという。
//  ・円マークを表示するには、\\ と書く。
//
// ●ひとまとまりの処理をメソッドといい、名前を付けることができる。
//  メソッドの本体は、名前の後のブロック内に書く。
//
//  ●注釈
//  //以降、行の最後までが注釈となる。この部分の記述は実行されない。
//  他に、/*と*/で囲む書き方、/**と*/で囲む書き方もある。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

class j101 { // j101という名前のクラスを定義する。

  public static void main(String args[]) {
    /* mainという名前のメソッドを定義する。
       定義部分は、ブロック内に書く。
       mainメソッドは、Javaで、最初に実行される。*/

    // 文字列の出力。
    System.out.println("ABCDE abcde");

    // 数値の出力。数値は自動的に文字列"12345"に変換される。
    System.out.println(12345);  

    // 漢字の出力。
    System.out.println("明治 大正 昭和 平成");  

    // 二重引用符の出力。
    System.out.println("\"");  

    // 円マークの出力。
    System.out.println("\\");  
  }
}
実行結果
% javac j101.java
% java j101
ABCDE abcde
12345
明治 大正 昭和 平成
"
\