////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//  << j161.java >>
//
//  基礎(6):メソッド
//
// ●メソッド
//
//  まとまった処理を行う仕組みをメソッドという。
//  たとえば、System.out.printlnは、文字列を指定すると画面に表示する
//  メソッドである。また、Math.sqrtは、数値を指定するとその平方根を戻す
//  メソッドである。数学関数として、すでに準備されている。
//
//  ○数学関数
//   static double sin(double x)     sin関数
//   static double cos(double x)     cos関数
//   static double tan(double x)     tan関数
//   static double sqrt(double x)    平方根
//   static double pow(double x,y)   xのy乗
//   static double random()       ランダムな値(0.0〜1.0)
//
//     Math.sin(x)、 Math.sqrt(x)、Math.random() として使う。
//
// ●メソッドの定義

//  メソッドを定義し、使うことができる。
//  
//  ○書き方
//
//   static 戻り値の型 メソッド名(引数) {
//      処理
//     return 式;
//   }
//  
//      ・メソッドに渡されるデータを引数(ひきすうと読む)という。
//   ・メソッドから戻される結果を戻り値という。
//    戻り値がないとき、予約語void(ヴォイドと読む)を戻り値の型とする。
//   ・return文の式の値が戻り値となる。
//      ・この書き方は、クラスメソッドの書き方である。他にインスタンスメソッドという
//    定義の仕方がある。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////