////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << j191.java >>
//
//  基礎(9):コマンドラインから入力
//
// ●文字列入力
//
//  コマンドラインから入力された引数は、String型配列args[]に格納されていく。
//
//      % java クラス名 引数1 引数2 引数3
//        args[0]=引数1 args[1]=引数2 args[2]=引数3
//
//    この方法でプログラムにデータを入力できる。必要なら文字列から他の型に
//    変換すればよい。
//
//  ・配列の長さ
//   配列名.length は配列の長さを表す。
//
// ●数値入力
//
//    文字列から数値に変換すればよい。
//
//  int型への変換    int a = Integer.parseInt(args[0]);
//  long型への変換   long b = Long.parseLong(args[1]);
//  float型への変換   float c = Float.parseFloat(args[2]);
//  double型への変換  double d = Double.parseDouble(args[3]);
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////