////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << j191a.java >>
//
//  基礎(9):コマンドラインから文字列入力
//
//  コマンドラインから入力された引数は、String型配列args[]に格納されていく。
//
//      % java クラス名 引数1 引数2 引数3
//        args[0]=引数1 args[1]=引数2 args[2]=引数3
//
//    この方法でプログラムにデータを入力できる。必要なら文字列から他の型に
//    変換すればよい。
//
// ●配列の長さ
//  配列名.length は配列の長さを表す。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

class j191a {
  public static void main(String args[]) {

    // 引数の表示。
    if( args.length > 0 ) {
      for( int i=0; i<args.length; i++ ) {
        System.out.println("args[" + i + "]:" + args[i]);
      }
    } else {
      System.out.println("引数がありません");
    }
  }
}
実行結果
% javac j191a.java

% java j191a abc 123 日本語
args[0]:abc
args[1]:123
args[2]:日本語