////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << j194.java >>
//
//  基礎(9):書式付き出力
//
//  ・表示幅、精度、左寄せ・右寄せなどの表示形式を変換仕様を使って指定する。
//    ・printfメソッドを使う。
//    ・書式を指定する文字列は、文字列、エスケープ文字、変換仕様から構成される。
//
// ●エスケープ文字
//
//  \で始まる文字。\t,\nなど。\nで改行が起こる。
//
// ●変換仕様
//
//    「% 引数インデックス$ フラグ フィールド幅 .精度 変換指定子」
//
//  ○変換指定子
//      s 文字列で出力
//      d 10進数で出力
//      f 浮動小数点数で出力
//      e 指数形式で出力
//      ・例 double d = 12.34; System.out.printf("%f\n",d);
//
//  ○フィールド幅
//      出力の幅を指定する。
//      ・例 double d = 12.34; System.out.printf("%12f\n",d);
//
//  ○精度
//      小数点以下の桁数を指定する。
//      ・例 double d = 12.34; System.out.printf("%12.6f\n",d);
//
//  ○フラグ
//      -   左寄せで出力
//      ・例 double d = 12.34; System.out.printf("%-12.6f\n",d);
//
//  ○引数インデックス
//   データの並びの位置を指定する。1$は1番目の引数、2$は2番目の引数
//   ・例 int i=123,j=456; System.out.printf("%2$d %1$d %2$d\n",i,j);
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////