////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//  << m121.java >>
//
// メール(2):メール送信の手順
//
//  JavaMail APIを使ってメールを送信する手順を示す。
//
// ●JavaMail API  
//  Javaでメール送受信等のアプリケーションを作成するためのクラスが集められた
//  APIをいう。
//
// ●準備
//  (手順1)JavaMail APIのダウンロード。     
//     ・http://java.sun.com/j2ee/ja/javamail/index.html から 
//            ファイル(javamail-1_3_1-upd.zip)をダウンロードし、展開する。
//      展開後、フォルダ(javamail-1.3.1)をディレクトリ(C:)の下に移動する。
//     ・http://java.sun.com/products/javabeans/glasgow/jaf.html から
//            ファイル(jaf-1_0_2-upd2.zip)をダウンロードし、展開する。
//      展開後、フォルダ(jaf-1.0.2)をディレクトリ(C:)の下に移動する。
//  (手順2)環境変数CLASSPATHに、
//            C:\javamail-1.3.1\mail.jar
//            C:\jaf-1.0.2\activation.jar
//      を追加しておく。
//
// ●手順
//  (手順1)SMTPサーバとセッションを確立する。
//      Sessionオブジェクトを取得する。
//  (手順2)送信元、送信先、サブジェクト、本文などを作成する。
//  (手順3)送信元、送信先、サブジェクト、本文などを設定する。
//      SessionオブジェクトからMimeMessageオブジェクトを作成する。
//      MimeMessageオブジェクトに送信元、送信先、サブジェクト、本文などを
//      設定する。
//  (手順4)メールの送信。
//      Transportクラスのsendメソッドを使って、MimeMessageオブジェクトを
//      メールとして送信する。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

class m121 {
  public static void main(String args[]) {

    try{
      ///////////////////////////////////////////////
      // (手順1)smtpサーバとセッションを確立する。//
      ///////////////////////////////////////////////

      //////////////////////////////////////////////////////////////
      //(手順2)送信元、送信先、サブジェクト、本文などを作成する。//
      //////////////////////////////////////////////////////////////

      //////////////////////////////////////////////////////////////
      //(手順3)送信元、送信先、サブジェクト、本文などを設定する。//
      //////////////////////////////////////////////////////////////

      //////////////////////////
      //(手順4)メールの送信。//
      //////////////////////////

      System.out.println("送信終了");

    } catch( Exception e ) {
      System.out.println(e); 
    }
  }
}