////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << j713.java >>
//
//  ネットワーク(1):URLConnectionクラスを使ってURLに関する情報を表示
//
//  URLConnectionクラスを使って、URLに関する情報を取得する。
//
// ●URLクラスのメソッド
//    public URLConnection openConnection() throws IOException
//      機能:URLへの接続を表すURLConnectionクラスのオブジェクトを取得。
//
//  ●URLConnectionクラス
//    アプリケーションとURL間の通信リンクを表すすべてのクラスのスーパークラス
//  である。このクラスのオブジェクトを使って、URLで参照するリソースへの入出力
//  ができる。
//
// ●URLConnectionクラスのメソッド
//    public String getContentType()
//     機能:content-typeヘッダの値を取得。
//    public int getContentLength()
//     機能:content-lengthヘッダの値を取得。
//    public long getDate()
//     機能:dateヘッダの値を取得。  
//            戻り値はグリニッジ標準時 1970年1月1日から起算したミリ秒数
//    public long getLastModified()
//     機能:last-modifiedヘッダの値を取得。
//            戻り値はグリニッジ標準時 1970年1月1日から起算したミリ秒数
//
//  ●Dateクラスのコンストラクタ
//  public Date(long t) 
//      機能:1970年1月1日から経過したミリ秒t(long型で格納)を日付時刻の
//            文字列に変換する。
// 
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.net.*;
import java.io.*;
import java.util.Date;

class j713 {
  public static void main(String args[]) {

    try { 
      // URLクラスのオブジェクトを取得。
      URL url = new URL(args[0]); // args[0]は、URLを表す。
      // URLConnectionクラスのオブジェクトを取得。
      URLConnection urlc = url.openConnection();

      // 各種ヘッダ情報を取得。
      System.out.println("content-typeヘッダ  :" + urlc.getContentType());
      System.out.println("content-lengthヘッダ:" + urlc.getContentLength());
      System.out.println("dateヘッダ          :" + (new Date(urlc.getDate())));
      System.out.println("last-modifiedヘッダ :" +
                         (new Date(urlc.getLastModified())));

    } catch ( IOException e ) {
      System.out.println(e);
    }
  }
}
実行結果
% javac j713.java
% java j713 http://www.ibaraki.ac.jp/index.html
content-typeヘッダ  :text/html; charset=none
content-lengthヘッダ:919
dateヘッダ          :Mon Jul 12 16:02:20 JST 2004
last-modifiedヘッダ :Thu Apr 01 10:15:51 JST 2004